無限ループ?・・・って、ブラクラですか?

なに?ウィルスか?

という突っ込みはナシで。

私も最初にこの言葉を見たときに一瞬そう思ったから。

ちなみにブラクラという言葉をグーグルで検索したら、

サイトチェッカーが赤くなっているサイトが出てくる。

2010-0208-1-009.jpg

WordPress2.9.1にアップデートしたまではよかったけれど、不具合が出ているので現在修正中です。

データベース言語のMySQLの設定条件が4から5に変わったことと関係しているかもしれません。

このブログは忍者ツールのアクセス解析を利用していますが、

公開版も右サイドバーに表示しています。

2010-0208-1-001.jpg

今までの全部の記事を確認する必要は当然あるんですが、

見に来てくれている記事がちゃんと表示されているのかチェックするのも必要かと思いました。

それで2010年2月8日のアクセス解析を見ていて言語に「フランス語」とあるのに気がつきました。

リネージュはアジアとアメリカでサービスしているので「英語」や「韓国語」や「中国語」はたまに見かけます。

2010-0208-1-002.jpg

グーグルのどの検索ワードからこのブログにたどりついたんだろう?

検索フレーズをチェックしたらそれらしい単語が見つかりました。

それをコピーしてグーグルを出して検索にかけたら、確かにこのブログが表示されてます。

2010-0208-1-003.jpg

2010-0208-1-004.jpg

それでグーグルのページ翻訳を利用したら、タイトルにある「無限ループ」という表現が出てきました。

「原文を見る」をクリックしたら「リネ日記」でしたが、これはブログのスキンも替えたからかもしれません。

それともワードプレスの前のバージョンと今のバージョンではブログの表示設定が違うのかもしれない。

2010-0208-1-006.jpg

ワードプレスではサイトの表示方法を記事の投稿順に表示させるブログ形式と

固定ページ+投稿用ページというホームページ形式の2種類から選ぶことができます。

ワードプレスの前のバージョンでは、投稿用ページを指定する意味で「リネ日記」というページを

作って指定しておけば、そこにちゃんと投稿した記事が表示されていました。

新バージョンにしたらうまく表示できないんですが、私には理由がよく分からないので表示設定を変えて

無限ループの原因になっている「リネ日記」というページは削除しました。

2010-0208-1-007.jpg

不具合といえば不具合でしょうけど、MySQL5の勉強も必要かもしれない。

このブログの表示設定を変えるきっかけになった「フランス語?」の言葉ですが、

タイトルの方をコピーしてグーグル検索にかけたら「インドネシア語」に変わりました。(  Д ) ゚ ゚

ああ、そうか。

PCのキーボードが「フランス語」ということですね?

ソニーのVAIOを作っている工場で働いていたときに海外モデルも作っていましたが

いろいろな国の言語のキーボードがありましたから。

インターネットは世界中につながっているんですね。





スポンサーサイト

マカフィーにまた消された_| ̄ |○

10日の日にログインしようと思ったらマカフィーの定期スキャンで削除されてしまったようです。

リネージュのどのプログラムをウィルス判定したのか気になりますがもう慣れっこになってしまった。

リネを再びインストールし直しましたがMSのOSがVISTAからWINDOWS7

になったらどんなことが起こるんだろう?

とちょっと気になりました。

20091010-1-001.jpg

やっぱり邪魔なので

リンクチェッカーのPOPアップがやっぱり邪魔に感じたので削除しました。

一番いいのはリンクや画像を見に行こうとしてクリックしたときに危険かどうか

チェックしてくれるシステムなんだろうと思います。

AVGにはリンクチェッカー機能があるから今使っているセキュリティソフトから乗り換えようかな?

[2009-08-09]

なかなかリネージュにINできない関係で更新も止まっています。

危険アドレス対策としてaguseさんのポップアップで表示するリンクチェッカーを設置してみました。

設置してみて思ったんですがポップアップが目障りに感じます。

それに100%検出できるわけでもないので過信は禁物です。

とりあえずしばらくの間、続けてみます。

表示内容は・・・・・・・

上からページタイトル、IPアドレス、サーバの位置、各種ブラックリスト判定結果です。
「タイトル」「国旗または国名」「判定結果」にマウスカーソルを乗せるとそれぞれの
詳細情報を表示する機能があります。

「直接行く」ボタンを押すと調査したサイトに直接行けます。
「GWで行く」ボタンを押すと調査したサイトにaguse Gateway経由で行けます。・・・・・・・・・・・・・

お詫びと経過のご報告

このブログはwordpressというブログツールで作成しています。

6月に2.7から2.8にアップデートされたときにいろいろな問題(バグ)が起きていました。

それでこのブログに使っているスキン(テーマ)を変更したわけですが、7月21日に修正版の2.8.2が

アップされたのでインストールしたところページが表示されないバグが起こりました。

そして下の画面が表示されたわけですが、アイコンをクリックしたところブログスキンの制作者のサイトに飛びました。

表示が中国の簡体字だったので、念のためブラクラチェックをしてみたところ・・・・

フィッシング詐欺などの可能性100%と判定されたわけです。

20090722-1-001.jpg

ワードプレスのブログスキン(テーマ)はZIPファイルをダウンロード解凍してからFTPを利用(転送)して

データベースにインストールさせて表示させます。

最初は、「404 php」を悪意をもった第3者が書き換えたと考えたので編集画面で調べてみました。

確かにアドレスがあったのでフィッシングサイトにハックされたと思い込んでしまいました。

修正の方法をいろいろ探っているうちにこのスキン(テーマ)を提供している制作者のサイトであることが分かりました。

(赤い下線は私の編集です)

20090723-1-003.jpg

けれども別のブラクラチェックツール(aguse)では、危険性がないようです。

I E 8 のブラクラチェックツールも危険性がないようです。

20090723-1-001.jpg

20090723-1-006.jpg

ですが念のため、このブログスキン(テーマ)をデータベースから削除して

wordpress 2.8.2をインストールし直しました。

もしもブログスキンに最初から埋め込んであるアドレスが危険サイトのものだったとすれば

利用者が気がつかない限り被害が拡大しますね。

私自身今回のwordpress2.8のバグ騒ぎがなければ気がつきませんでした。

ダウンロードするファイルが安全か危険かということに

もう少し注意する必要があると感じた今回の事件でした。

お客様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでしたm( _ _  )m






使っているブログのスキン(テーマ)が危険なアドレスだった(  Д ) ゚

[追記]

原因が分かりました。

6月17日にブログのスキン(テーマ)を変更したわけですが、

そのスキン(テーマ)を作ってワードプレス上で配布していた人が

詐欺師本人でした ■━⊂ ( ・∀・ ) 彡 ガッ☆ `Д´)ノ

利用する前に作者がどんな人物なのか調べなかった私のミスです_| ̄ |○

でも最初はちゃんとページは表示されていたから気づくのに遅れてしまいました。

ということでテーマを変えて詐欺師の作ったスキンは削除しました。

[・・・・ここまで追記]

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんm( _ _  )m

このサイトを10日ほど放置してました。

それで今日気がついたんですが、ページをフィッシングサイトにハックされていました_| ̄ |○

いつからやられていたのか分かりませんが、ワードプレスのぜいじゃく性に関係する

この記事と関係があるかもしれません。

とりあえずブログの記事は大丈夫みたい。

ページについては削除が完了するまで非公開にしておきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんm( _ _  )m
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。