ブログをやっていて

よかったと思いました。

私はリネージュを2004年夏から始めたと思ってましたが

実際は1年前の2003年の夏でした。

保存していた螺旋改血盟のSSを見ていて気づきました。

ブログを始める理由にはアフリエイトをするためとかいろいろありますが

私の場合は事実を記録に残すためでした。

2003年秋にたまたま螺旋改のプリに誘われてクランに入りましたが

当時の私はネットゲーム初心者でした。

リネージュを始めたきっかけもネットカフェ(まだ難民という言葉がなかった時代)に行くと

大きなポスターが貼ってあったのとラグナロクと違って無料でできたからでした。

クランに入っていろんなことを教えてもらいましたし、クランのホームページのBBSがあったので

ゲーム中の疑問やクラン員同士の連絡など大抵のことはそこを使えば十分でした。

2004年になってからRMTを目的に中国大陸から大量の労働者がリネージュに入ってきました。

狩場でのトラブルも増えましたが彼らの言い分はいつもこうでした。

「私たちが材料を集めて安く売ってあげるから、あなたたちは買うだけでいいですよ」

「材料を集める手間が省けるから戦争やチャットなどをゆっくり楽しめますよ」

私はそれはおかしいと感じたのでシリウスというPK鯖にいたこともあって排除してました。

次に彼らはクランのHPの掲示板にウィルスを仕込んだ画像を投稿したり

ウィルスページにとぶリンクを貼ったりするようになりました。

いわゆる「トロイの木馬」とか「アカウントハック」と呼ばれるやつです。

多くのクランのHPや個人ブログも被害を受けて

それらのサイトを見に行くことが危険でできない状態になりました。

それで自分でリネージュの中のことを記録する目的でこのブログを始めたわけです。

だからこのブログの記事の基本スタイルはニュースで使う5H1Wと証拠になる画像です。

Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(どうして)How(どのように)のあれですね。

2004年12月からブログを始めて7年目に入りましたが

実際に事実を記録するということは大変だと思いました。

画像も編集で自分の都合のいいように作り変えることができます。

どの場面の画像を使うかによって見る人の印象を操作することもできます。

しかしまず最初にちゃんとした証拠となる画像や映像や事実があるというのは大事だと思います。

一番やってはいけないことは中国共産党みたいに情報統制をすることです。

それから今の日本の民主党政権のように事実があったことを記録に残そうとしないことです。

捏造(ねつぞう)や隠蔽(いんぺい)や弾圧(だんあつ)というのは自由な世界の人の発想ではないです。

話がそれましたが、そういうことをしている人や企業や国家が長く栄えることはありません。

これは今までの歴史が証明しています。

[参考]

2011-03-11_080235.jpg

大紀元日本2010年11月18日 趙莫迦と佐渡道世の作成記事

「報道倫理を守れ」 朝日新聞の報道姿勢に一石投じる より最初の部分を転載

2011-03-11_081011.jpg

関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。