特等3回当たっても景品がもらえないなんて・・・

12月31日までが有効期限のパールの利用方法が増えたことは歓迎します。

でも「がちゃがちゃ」方式になってしまうなんて、NCJの社員さんはギャンブルが好きなんですね。

20081129-1-005.jpg

くじ1回20パール(=2000日本円)というのもなんだかな~。

当たりの判別システムをどんな感じにするのか知りませんが、

私がこのシステム(種類の違う特等3回で景品1個)で

ユーザーさんからお金を巻き上げようと考えたら、

一番最初は・・・・2分の1の確率で特等。

2回目も2分の1の確率で・・・・・特等。ただし最初の特等と違うやつが出る確率も2分の1。

3回目からはアトランダムで本当に運任せ。

もっとも全部そろう景品の個数はあらかじめ決めてある。

だから運がよければ特等3連チャンで当たる人もいれば、

2回違う特等が当たってリーチ状態からパールをいくらつぎ込んでも

はずしまくる人も出てくる悲喜こもごも(=悲しみと喜びをともに味わうこと)状態を演出します。

こんな感じのシステムを考えるかな。

でもこのゲームのために新しくパールを作るとすれば、

1回当たりの金額が2000日本円と大きいことが問題になりそうな気がします。

確率的には、すでに持っている60パール分で特等の景品が当たる人がいる反面、

新しく10万日本円突っ込んでも特等が出ないということも十分考えられます。

定職をもたない学生さんでこれにはまって大金を注ぎ込む人が続出すれば、

公営ギャンブル以外は禁止されている日本では社会問題になる可能性があるかもね。

もっとも、これにはまって負けた本人が泣き寝入りしてくれれば問題はおこらないけど・・・・。

ギャンブルの欠点は公平そうに見えるけれど本当は不公平な点だと思いますがどうでしょう?。

100人いたら勝ち組はせいぜい1割で残りの9割が負け組みにならないと

胴元は利益が出ない構造的な欠陥もあるんじゃないですか?

負け組みにまわった大多数の人は離れていくと思いますが?

今回のような運良く3回別々の特等が当たって景品が1個もらえるというゲームを見せられたら、

そろそろリネージュは18歳以下の人はプレイできないように年齢制限を設けるべきだと思います。

日本ではギャンブルのことは「賭博(とばく)」ともいうけれど、

NCJのスタッフは賭博についての日本の法律とか一般の日本人の考え方を

少しは勉強したほうがいいと思います。

韓国とはかなり違うことがご理解いただけると思います。

国民性とか民族性が違うから当然だけれど。

そうでなければこのゲームをする目的で新規にパールを買うのを制限した方がいいんじゃない?

関連記事
スポンサーサイト

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。