新しく生まれ変わるリネージュに期待することはなんですか?

「最期の日」3回目のアンケートです。

基本無料のアイテム課金制については韓国でも注目されているようですね。

下は月下独酌さんのGAMEABAOUTからの翻訳記事を一部抜粋したものです。

JP、3日からリネージュ無料化に本格転換

いつでも「部分有料転換」が可能になるように基盤が用意される。

2009/01/28(水)

一方、日本部分有料化消息が国内に伝わり、ユーザー達の間では韓国でサービス中の

「リネージュ」の部分有料化転換に対する心配が大きくなっている。

これに対してエヌシー・ソフト側は、「これは韓国より少ない顧客が楽しんでいる日本にだけ限ったことで

、エヌシー・ソフトジャパンが顧客に最上のサービスを提供するために選択したモデルであり、韓国で

「無料転換」が成り立つ可能性は低い。」と言った。

しかし、日本無料化サービスを通じて登場する「有料アイテム」には注目する必要がある。

リネージュがいつでも「部分有料転換」が可能になるように基盤が用意されるからだ。

( KR JPリネージュ無料化について (時評/各社)2009-01-28 http://blog.plaync.jp/nekokou/215360)

「有料アイテム」については私も注目しています。

けれども新しく期待することは無料サービスの充実の方でしょうね。

たとえばこれも月下独酌さんの2009年1月14日の韓国公式からの翻訳記事にあるような

「リネージュパワーブック」の日本版があれば接続ユーザーはもっと増えると思います。

リネージュのすべての情報をひと目で捜すことができるその場所・・リネージュパワーブック!!

リネージュパワーブックでお客様の声援に報いようとします。

リネージュパワーブックで活動して名誉編集者になれば、活動した内容に対して補償が与えられます。

リネージュパワーブックと言うのは?

リネージュに関係する知識なら何でも分かるインターネット版百科事典です。

日本には韓国にあるGAMEABAOUT(ゲームアバウト)やPLAYFORM(プレーフォーラム)のような攻略情報サイトがありません。

あるのは全て個人で運営している攻略情報サイトやまとめサイトばかりです。

無料化以降に大規模アップデートが予定されていますが、個人だと限界があるし負担が大きいことをNCJは認識するべきです。

3回目の動画でウィズにこんなせりふを言わせています。

彼女がいない間にもたくさんの狩場が増えた。

ラスタバド軍が攻めてきたこと

平和が訪れたこと

少し時間が掛かるがこれからひとつひとつ説明しないとな。

まぁ いい・・・・時間ならこれからたくさんある。

20090130-1-002.png

全てをユーザー任せにすることは経営する側からみれば経費がかからないし楽でしょうが、

それでたくさん儲かるほど日本のゲーム業界は甘くないと思います。

攻略本を販売するにしても出版した後の仕様変更に関するまとめサイトが公式HPにないことが残念です。

「有料アイテム」を買う人たちは自分のキャラクターを効率よく育てたいとか

レアアイテムが手に入る狩場で遊びたい(そういう場所は高額装備が必要)とか

必ず理由があるはずです。

どうして「有料アイテム」を購入したのか?という理由を購入時に聞いてもいいと思います。

「有料アイテム」を売りっぱなしにするだけでなくて、その人たちがアカハックを気にせずに

安全に情報交換できるようなコミュニティサイトもNCJで用意する必要があると思います。

そういうのを日本ではアフターサービスと呼んでいると思いますが、

これくらいしないと日本では売り上げは伸びないと思います。

私に関しては「有料アイテム」にはまることはないと思います。

たぶん今までどおりNCJの思惑(おもわく)とは全然関係ないことをして遊んでいると思います。

オンラインゲームの良い点は、好きな時間に誰からの指図も受けないで

自分の思ったとおりに遊べることだと考えています。

飽きたら別のゲームをすればいいだけだし、キャラが気に入らなければリセットして最初から始め直せばいい。

もっともシリウスのようなPvP鯖だと好き勝手にやって相手に迷惑がかかると確実に報復されるので

自由気ままに好き勝手といってもどこかで自分をコントロールする必要があります。

それにしてもやっぱり有益な情報が手に入らないことには楽しめませんね。

新しく入ってきた人が情報を集めるだけで疲れてしまって、すぐに他のゲームに行かないような

サービスを提供する必要もあると思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。